子供の日焼け止め、おすすめランキング。オーガニック虫除けにもなるよ

日焼けどめの子供に悪い成分とは?

 紫外線が強い季節になると、外で遊ぶ子供たちにも紫外線対策が必要です。紫外線対策で有効などが日焼け止めですが、大人と同じ日焼け止めを使っていると、子どもには有害ともいえる成分が含まれている場合が有りますので、注意が必要です。
 大人にはダメージが少なくても、敏感な子どもの肌には強すぎる成分は多く有ります。
 例えばシリコンや紫外線吸収材などは日焼け止めには普通に配合されていますが、子どもの肌には強すぎて、逆にダメージを与えてしまいます。
 他にも鉱物油や合成着色料、合成香料なども子どもたちには必要のない成分と言えます。
毎日使うものだからこそ、余計な物が含まれていない無香料で無添加の安全な日焼け止めを選ぶことが大切です。